NPO FBO E-mail 研究レポート

No タイトル

Vol.1

都道府県別日本酒・焼酎の消費数量からみえる県民の嗜好(平成27 年度)
~平成27 年度の酒類別・都道府県別消費数量より~
Vol.2
【日本酒編】新たな夏の商材。「夏酒」を活用しよう
Vol.3 今年の夏は「猛暑」予想。これまでよりもビールが売れる!!
~重要なのは「商材価値」を存分に高めること~
Vol.4 「スパークリング日本酒」の効果的な訴求方法
Vol.5
「高級日本酒」ますます好調 ~ 特定名称酒比率が初めて 40%を超える
Vol.6
日本酒の「古酒」を商材として活用しよう① ~古酒の定義と変遷について~
Vol.7
「BY(酒造年度)」の正しい説明方法について
Vol.8
日本酒の「古酒」を商材として活用しよう② ~熟成による香味変化の説明方法~
Vol.9
各種日本酒コンテストの概要を把握し、それぞれの価値を見極めよう。~IWC「SAKE部門」編~
Vol.10 各種日本酒コンテストの概要を把握し、それぞれの価値を見極めよう。 ~全国新酒鑑評会編~
Vol.11 各種日本酒コンテストの概要を把握し、それぞれの価値を見極めよう。
~IWC 以外の海外コンテスト編~
Vol.12 各種日本酒コンテストの概要を把握し、それぞれの価値を見極めよう。~国内コンテスト編~
Vol.13 酒類の消費動向を知り、販促に役立てよう~ 酒類全体、ワイン~
Vol.14 酒類の消費動向を知り、販促に役立てよう~ 国産ウイスキー編~
Vol.15 酒類の消費動向を知り、販促に役立てよう~クラフトビール編~
Vol.16 酒類の消費動向を知り、販促に役立てよう~本格焼酎編~
Vol.17
これが真実! 「ひやおろし」の正しい説明方法について
Vol.18
酒類の消費動向を知り、販促に役立てよう~スピリッツ(クラフトジン)編~
Vol.19
酒類の消費動向を知り、販促に役立てよう~これからの時代に求められるワインとは?
日本におけるワインブームの変遷を紐解く~
Vol.20 正しい保存管理の実行が酒類の価値を高める~酒類提供者が知るべき8つの要点~
Vol.21
「第1回 酒友グランプリ 2017 夏」の結果からみる現代人の嗜好(全4回)
~日本酒&伝統部門「まぐろの漬け」編~
Vol.22 「第1回 酒友グランプリ 2017 夏」の結果からみる現代人の嗜好(全4回)
~日本酒&革新部門「ようかん」編~
Vol.23
「第1回 酒友グランプリ 2017 夏」の結果からみる現代人の嗜好(全4回)
~焼酎&伝統部門「まぐろの漬け」編~
Vol.24
「第1回 酒友グランプリ 2017 夏」の結果からみる現代人の嗜好(全4回)
~焼酎&伝統部門「ようかん」編~
Vol.25
「ボジョレー・ヌーボー2017」間もなく解禁。今年の味わいの傾向と、販促のあり方について
Vol.26
ボジョレー・ヌーボー、日本酒新酒に続く、焼酎の「新酒」活用法「芋焼酎ヌーボー」について
Vol.27 ワイン愛好家をターゲットとした芋焼酎の新たな提案。さつま芋の品種別に芋焼酎をそろえよう
Vol.28 数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境(全7回)第1回:日本酒(清酒)の今
Vol.29
数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境(全7回)第2回:アルコール販売(消費)量
Vol.30
数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境(全7回)第3回:日本を代表する酒は?
Vol.31
数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境(全7回)第4回:製造場数
Vol.32 数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境第(全7回)
第5回:日本酒(清酒)製造量は底を打つか?
Vol.33
数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境(全7回)
第6回:日本酒(清酒)の売上高から見る市場規模
Vol.34
数字で見る日本酒(清酒)製造業界を取り巻く環境(全7回)第7回:日本酒(清酒)製造業の規模
Vol.35
日本酒メーカー上位 20 社から見る日本酒業界の現況~2016 年度売上高と 2007 年出荷状況の比較~
Vol.36
日本酒輸出金額は 2006 年から 2017 年で 3 倍超に
Vol.37 変更される「ビール」「果実酒」「ブランデー」の定義
~2018(平成 30)年 4 月 1 日の酒税法改正について~
Vol.38
2017(平成 29)年、日本酒の出荷数量について~ますます高まる特定名称酒人気~
Vol.39
「花見酒」「春酒」を題材とした日本酒提案~春は日本酒をイメージしやすい季節~
Vol.40
「どぶろく」を商材として活用しよう
~日本における民族酒であり、日本食文化を象徴する「どぶろく」の価値~
Vol.41
ワインを商材として活用しよう~第1回:国内におけるワイン市場の変遷~
Vol.42
ワインを商材として活用しよう~第2回:日本がシャンパーニュ輸入国世界第3位に上昇~
Vol.43
ワインを商材として活用しよう~第3回:ワインは最新情報を注視すべき酒類
~2017年、世界のワイン生産量は過去最低基準に~
Vol.44 「第2回 酒友グランプリ 2018冬」の結果について ~伝統部門「鯖の味噌煮」編~
Vol.45 「第2回 酒友グランプリ 2018 冬」の結果について~革新部門「お好み焼き」編~
Vol.46 夏の日本酒セールスプロモーション例〜夏こそ日本酒を商材として活用しよう〜
Vol.47 日本酒の健康効果を示し、セールスプロモーションに役立てよう①〜美肌効果について〜
Vol.48 日本酒の健康効果を示し、セールスプロモーションに役立てよう②
〜日本酒の「身体を冷やしにくい効果」を伝えよう〜
Vol.49 日本酒の健康効果を示し、セールスプロモーションに役立てよう③
〜「日本酒を飲むと悪酔いする、二日酔いする」という誤解を解こう 〜
Vol.50 日本酒の健康効果を示し、セールスプロモーションに役立てよう④
〜「日本酒を飲むと太る」という誤解を解こう〜
Vol.51 日本酒の健康効果を示し、セールスプロモーションに役立てよう⑤
〜「アル添酒」は身体に悪いという誤解を解こう〜
Vol.52 これからの焼酎は「提供」による付加価値の向上が課題
〜2018年上半期 焼酎の酒税課税数量の結果より〜
Vol.53 いよいよ「日本ワイン」の定義が変わる〜日本におけるワインのラベル表示規定について〜
Vol.54 芋焼酎の「新酒」を活用しよう!
〜本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座(第6回)より〜
Vol.55 日本酒の時間経過による「良い変化」と「悪い変化」を知ろう
〜2018 年11月13日(火)開催「酒類鑑定官の手法による唎酒講座」より〜
Vol.56 酒器を活用して、日本酒提供の質を高めよう ①
2018年10月18日(木)開催 FBO アカデミー 「日本酒の酒器を学ぶ」より
Vol.57 酒器を活用して、日本酒提供の質を高めよう ②
2018年10月18日(木)開催 FBO アカデミー 「日本酒の酒器を学ぶ」より
Vol.58 「スパークリング日本酒」の活用方法について
Vol.59 健康効果を優先した日本酒提案。冬は「熟酒」を活用しよう。
Vol.60 平成29年度、都道府県別一人 当たり の酒類消費数量について
~地元の人々が 好む酒類を知り、今後の販促に役立てよう ~
Vol.61 2018年の日本酒輸出数量は9.6%増、金額19%増と好調
Vol.62 春ならではの酒類訴求例。「山菜」「桜鯛」とのペアリング提案
Vol.63 食中酒としても「薫酒 香りの高いタイプ 」を好む現代人の傾向
Vol.64 新元号「令和」を冠する日本酒が続々登場
Vol.65 平成最後の配信。日本酒の平成史。そして新時代「令和」における課題とは
Vol.66 日本酒好きは秋田市民?焼酎好きは宮崎市民?ワイン好きは東京都民?
全国主要都市別 酒類および酒類別年間消費支出金額 BEST5
Vol.67 琉球泡盛が日本遺産に認定される
Vol.68 「令和 」初の受賞酒を今後の販促に 生かそう
Vol.69 国内における各酒類の割合(2018年度の酒税課状況より)
Vol.70 「夏焼酎」を活用したセールスプロモーションを実行しよう
Vol.71 「スパークリング日本酒」の効果的な訴求方法
Vol.72 時代が望んだ新たな酒類「RTD」について
Vol.73 「全国燗酒コンテスト 2019」入賞酒 を活用しよう
Vol.74 今秋の「ひやおろし」販売に関する注意点
Vol.75 今秋の「ひやおろし」の傾向について
日本酒・焼酎テイスティングトレーニングセミナー(第4回)」での検証およびアンケート結果より
Vol.76 上半期(令和元年)の酒類動向を把握し、下半期の販促に生かそう