立教大学大学院「NPO法人FBO寄附講座」第6回「スペインとシェリー、ポルトガルの飲食事情」開催報告

2016年5月24日(火)、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 NPO法人FBO寄附講座 F&Bビジネスのグローバル化の第6回目となる「スペインとシェリー、ポルトガルの飲食事情」を開催致しました。

毎回、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 客員教授であるNPO法人FB0右田圭司理事長がコーディネートし、F&Bビジネスの第一線で活躍されているプロフェッショナルをゲスト講師としてお招きしています。

今回の講師は、銀座のシェリー酒専門店「シェリーくらぶ」で20年働いたのち、食料品、酒類輸入商社で輸入業務や営業業務を経て、現在、五反田にある「Bar Sherry Museum」のオーナーかつバーテンダーを務める中瀬航也氏です。



講義ではスペイン、ポルトガルの飲食事情と共に、両国で生産されるシェリー酒、ポート酒について、歴史的、宗教的背景を織り交ぜながら解説。さらにスペインやポルトガルの食文化の特徴として、その土地の食文化と密接に関係することを具体例を示しながら言及。そして、これらの国でビジネスをする場合は、土地の人々が大切にする宗教や文化を知る必要があると説かれました。

中瀬氏の講義は、背景や裏付けが明確で、参加者からは非常に説得力のある内容であったと評価頂きました。



本講座では、サービス事業としての飲食業界の経営戦略やマーケティングの視点からF&Bビジネスのあり方を考察しております。