立教大学大学院ビジネスデザイン研究科「NPO法人FBO寄附講座」第13回「株式会社旅工房のビジネスモデル」

12月21日、立教大学大学院池袋キャンパスにおきまして第13回目の立教大学大学院ビジネスデザイン研究科FBO寄附講座を開催いたしました。

第13回目は株式会社 旅工房 団体営業部 セールスマネージャーの本村 善人氏をお招きし「株式会社 旅工房のビジネスモデル」についてご講義いただきました。



まず、ツーリズム産業、旅行業界のの現状をお話しいただきました。日本人の海外旅行者数は1985年以降、円高等により急激に増加したが、1990年代半ばから横ばいであること。これに対し、訪日海外旅行者数は、1990年代に400万人前後だったが、2007年には倍の800万人に達したとのことでした。

つぎに、株式会社 旅工房のビジネスコンセプトについてお話しいただきました。特にお客様一人ひとりにあわせた旅を実現すべく、トラベルコンシェルジュ機能を強化するということでした。



最後に、2016年は株式上場するための取り組みをお話しいただきました。
その取り組みとして、旅行会社のイメージを変えるため、カフェ併設型支店を設置するなど常に新しい取り組みを行っているということについて解説いただきました。


次回、第14回(最終回)は、2016年1月18日森本昌憲氏(株式会社 藤田観光 元顧問)をお招きし「藤田観光のビジネスモデル~観光立国の担い手・観光の地域性〜」をテーマに講義いただきます。

▲開催報告及び今後のスケジュールはこちらをご覧ください。
http://academy.fbo.or.jp/?p=1230