立教大学大学院ビジネスデザイン研究科「NPO法人FBO寄附講座」第9回「禅における食の重要性~道元禅師の教え「典座教訓」「赴粥飯法」を事例に」

11月23日、立教大学池袋キャンパスにおきまして第9回目の立教大学大学院ビジネスデザイン研究科FBO寄附講座を開催いたしました。
 
第9回目は駒沢女子大学 国際文化学科教授の山田博彰氏をお招きし「禅における食の重要性~道元禅市の教え「典座教訓」「赴粥飯法」を事例に」をテーマにご講義いただきました。
 
講義では、まず食事を摂ることについて、永平寺での食事、ホテルでの食事、病院や老人ホームでの食事を例に意義や目的についてお話しいただきました。
 
つぎに典座教訓と赴粥飯法を解説いただきました。典座の役割や調理することの意味について、3つの心構えについてお話しいただきました。
 
最後にホスピタリティ産業における典座教訓として現代の飲食業における「おもてなしの精神」についてお話をいただきました。