韓国スンシル大学「Food&Beverage Tour In JAPAN」に後援・協力

FBOならびにSSI、SSI INT’Lでは、去る2015年11月8日(日)~11日(火)の4日間に渡って開催されました、韓国のスンシル大学ホスピタリティ学科主催「Food &Beverage Tour in JAPAN」に後援・協力をさせていただきました。

4日間の研修ツアーでは、「F&Bナビゲーター」、「日本酒ナビゲーター」の認定講習会をはじめ、小澤酒造株式会社様ならびにホテル椿山荘様の全面的なご協力を頂戴し、酒蔵見学ツアー、ホテル見学ツアー等も行われました。



1日目は、FBOアカデミー東京校に於いて、「日本酒ナビゲーター認定講習会」を開催いたしました。講師は、FBO・SSI主任研究員 古川聖が担当し、日本酒に関する基本となる歴史や原料・製造を解説し、日本酒の4タイプ分類を用いて、4種の日本酒と料理の相性体験をしていただきながら、日本酒に関する知識を学んでいただきました。また、セミナー終了後のオープニングパーティーでは特別ゲストとして、SSI×大妻女子大学 連携「日本酒文化発信プロジェクト」メンバーである大妻女子大学 宮田ゼミの学生さんをお迎えし、2種の日本酒カクテルを実演いただきました。スンシル大学の研修生は、はじめての日本酒カクテルに大変興味深く、「日本酒」を通して、両国の学生が言語の壁を越えて、とても楽しく交流することができました。



2日目は、東京都青梅市の小澤酒造に於いて、酒蔵見学ツアーを行いました。
今回は、営業部 小澤幹夫氏による酒造りの丁寧な解説とともに、製造工程等を中心に学んでいただきました。また、小澤氏によるきき酒セミナーと交流会では、同社の5品をお猪口で飲み比べいただき、製造方法の違いによる香味の違い等をお楽しみいただきました。



3日目は、ホテル椿山荘に於いて、客室とベッドメイキングの実演見学を行いました。
学生からは、「リピーター客獲得のための独自の戦略」や「普段働く上で大切にしていること」など、ホテル業界に関心が高い学生ならではの質問が多く飛びかいました。
昼食は、同ホテル内 料亭「みさき」にて、美しい庭園とともに懐石料理と日本酒をお楽しみいただきました。また、ガーデンツアーを実施し、ホテル椿山荘の由緒ある伝統建築物と自然が溢れる庭園を同ホテル専属スタッフによる英語の解説とともにご堪能いただきました。



最終日は、FBOアカデミー東京校に於いて「F&Bナビゲーター認定講習会」を開催いたしました。講師は、FBO・SSI専務理事兼SSIインターナショナル会長 日置晴之が担当いたしました。テーマは、「もてなしの基」と題し、飲食サービス業界に必要不可欠な酒類の基礎知識や食品・飲料の保存管理法等を学んでいただきました。また、接客サービスについては、日本のおもてなしや日本のマナー「お椀や箸の持ち方」等を例に、日本ならではの文化を学んでいただきました。



今回の研修ツアーをはじめ、今後も諸外国の方々に、日本の素晴らしい文化に触れていただけるよう務めてまいります。
また、セミナーや研修のご依頼は下記担当までお電話でお問い合わせください。

【お問い合わせ:03-5615-8201(川上宛)】