東洋大学 FBO寄附講座2015 第7回「道の為来たれ!なぜ酒蔵にいるのか?」

11月11日「東洋大学FBO寄附講座2015」第7回目の講義が行われました。
今回は坂本篤志氏(玉乃光酒造株式会社 東京支店支店長)にご出講いただき、「道の為に来たれ! なぜ私は酒蔵にいるのか?」をテーマにご講義いただきました。



坂本氏は大学卒業後大手ゼネコンに入社、その後学生時代アルバイトをしていた酒蔵に転職、そして現在の玉乃光酒造株式会社に転職されました。
玉乃光酒造に入社してから、まず酒造りに従事して、その後営業へ。主任、営業課長を経て、東京支店の支店長になられました。

講義の前半では、仕事の考え方、豊かな生活の送り方など、マインドについてお話頂きました。
学生たちは普段聞きなれないお話だと思いますが、イソップ物語の「3人のレンガ積み職人の話」や自身のご経験をもとにまとめて頂き、大変わかりやすくご講義頂きました。



また後半では、手帳の書き方やアファメーションなどのご自身もやられている実践的なお話をしていただきました。
坂本様が実際に行っている手帳の書き方は、予定を4つに分類する方法であり、スゴ腕支店長の手帳の記入方法として雑誌にも取り上げられております。
この書き方についても、詳しくご説明頂き、学生たちも必死にメモを取っておりました。

坂本氏のお話は社会人になってから役立つことはもちろんですが、学生時代でも活用できる事をたくさん交えて頂き、学生たちにとって非常に有意義な講義であったと感じました。