【開催報告】地酒祭り秋の陣2015

2015年10月3日(土)ステーションコンファレンス万世橋(東京都千代田区)にて「地酒祭り 秋の陣 2015」を開催いたしました。


全国各地から集合した40社以上の出展者と、総数200アイテム以上の地酒を目当てに、約800名の方にご来場頂きました。


まず、名産のメジカ(鮭)を「特製酒の肴弁当」の一部としてご提供いただきました山形県飽海郡遊佐町産業課 課長補佐 佐藤廉造様にご挨拶いただき、開場いたしましたが、貴重なメジカを使用した「天然メジカの漬け焼き」、「メジカの揚げボール」は、ただ美味しいだけでなく、地酒に非常に合うと好評をいただきました。


出展者ブースでは、各社自慢の地酒を始めとし、焼酎、クラフトビール、オーガニックチーズ、海鮮珍味などが多様に振る舞われ、出展者と来場者の交流が計られました。


SSIコミュニティーコーナーとして展開された「女唎酒師軍団厳選日本酒ブース」では、唎酒チャレンジなどが催されました。「地酒検証研究会 研究員おススメ地酒ブース」では、全国各地の地酒の違いを比較すると共に、地酒に対するイメージ調査も行われました。大妻女子大学×SSI連携 日本酒文化発信プロジェクト 大妻女子大学日本酒カクテルブースでは、用意したオリジナルカクテルがすべて完売となるほどの人気でした



さらに、「日本の伝統は素敵・楽しい・美味しい」をコンセプトとしたSTYLE J. SAKEコーナーでは、日本酒「冷やおろし」、「菊酒などの伝統酒」、「日本酒燗酒・焼酎お湯割り」、「郷土料理試食」、「特別日本酒・焼酎」コーナーが展開され、多くの参加者が興味深く、試飲されていました。


また、「地酒ミニセミナー」と題し、「温度別日本酒の楽しみ方」、「日本酒ラベルの見方」、「地酒を楽しもう!地域で味わいは異なるか?」をテーマにしたセミナーも開催され、どの回も定員となるほどの賑わいとなりました。

同様の試飲会は多様に開催されておりますが、当会では「楽しみ」ながら「学べる」をコンセプトとし、今、高まる地酒人気を一過性のものとせず、大切な文化として定着することに貢献できるよう取り組んでいく所存です。