世界初茶道ドキュメンタリー映画「父は家元」が公開されます

NPO法人FBO評議委員で、第1回名誉唎酒師酒匠を叙任された遠州茶道宗家13世家元小堀宗実さんとその家族の日常を3年間追いかけた、世界初の茶道ドキュメンタリー映画「父は家元」が、全国7会場で順次公開されます。
本作は430年の伝統を受け継ぐ遠州茶道宗家の13世家元小堀宗実の活動に密着取材し、茶道の芸術性とその背景にある日本文化の真髄を浮かび上がらせる映画であり、家元の次女が、ナレーションを担当。伝統を受け継ぐ茶道の家族の実像が内側から語られる映画となっております。

東京はテアトル新宿にて1月25日から公開されます。初日には映画のナレーションを務めました家元の次女の優子さんと高野裕規監督が、2月1日には家元と女優の榊原るみさんが舞台挨拶を行ないます。

映画の公式ホームページのアドレス
http://chichihaiemoto.com/