5月18日(土)開催韓国スンシル大学にて基調講演

NPO法人FBOでは、設立15周年記念事業『もてなしびと2013-2014』として、研究調査、人材育成・啓発、文化保存伝承の観点からプログラムを構成しミッション達成に向けた展開を行っております。
このたび韓国にあるスンシル大学からの要請およびNPO法人FBO設立15周年記念事業「もてなしびと2013-2014」の一環として、NPO法人 FBO理事長の右田圭司が2013年5月18日(土)にスンシル大学にて基調講演を行うこととなりました。
NPO法人FBOは、韓国の外食産業界あるいは 日本酒販売業界の更なる発展の一助となるべくこの基調講演を実施いたします。

  基調講演は、スンシル大学の大学院生(経営大学院外食経営学科)を対象に「外食産業の顧客価値 ~日本酒の顧客価値を視点に」というテーマのもと、現在の 外食産業、日本酒の提供・販売の実態を踏まえ、「顧客にとっての価値は何か」、「提供側と消費者間に存在する情報の非対称性」について、実例と共にその解 決策についての講演を行う予定となっております。

●崇実大学校(スンシルだいがっこう、英称:Soongsil University) 
 http://www.ssu.ac.kr/web/chi/home
スンシル大学は2010年より、NPO法人FBOの提携加盟団体であるSSI内のSSIインターナショナルと提携を結び、きき酒師の育成に取り組んでおります。

●右田 圭司 NPO法人FBO理事長

NPO法人FBOおよび日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)の創設者。
現在東洋大学大学院、立教大学大学院にて、飲食業界の社会的地位の確立と日本酒業界の将来について研究中。
また、約160ヶ 国においてホテル・レストラン事情および飲食文化の調査を行い、現在、国際基準のジェネラルマネージャーの育成を目的とした専門職大学院の設立を準備中。 主な著書 「外食産業の顧客価値」(東京書籍)、「唎酒師必携」・「ソムリエノート」・「ソムリエマニュアル」(柴田書店)他韓国にあるスンシル大学からの要請およびNPO法人FBO設立15周年記念事業「もてなしびと2013-2014」の一環として、NPO法人FBO理事長の右田圭司が2013年5月17日(土)にスンシル大学にて基調講演を行うこととなりました